医療レポート

【歯科】歯科衛生士採用の現況 ~前編~

月次訪問時の会話の中で、「歯科衛生士の求人を出しても以前のように応募者がない」というお話を聞く機会が非常に増えたように感じます。これを裏付けるようにハローワーク熊本が公表した令和3年10月の一般職業紹介状況によりますと、歯科衛生士(フルタイム)が含まれる職業分類である「医療技術者」は、求人80件に対して求職申込件数が27件有効求人倍率が2.96倍となっています。

全職種の平均有効求人倍率の1.48倍と比較すると2倍の差があり、職種の中でも採用が難しいことが統計からも読み取れます。なお、統計分類の関係で「医療技術者」には、理学療法士など医科の職種も含まれているため、必ずしも歯科衛生士に当てはまるとは言えませんが、少なくとも専門職種の採用が難しい状況にあることは間違いありません。

次号は後編として、ハローワークの求人票から歯科衛生士の求人条件の現況についてお伝えします。

※更新時の法令や情報等に基づいております。最新の情報についてはご自身でご確認ください。
※当情報を用いた個別具体的な判断に対して弊社は一切の責任を負いかねます。必ず税理士等の専門家にご相談ください。
※弊社が独自に作成した文章等の転載・改変・再配布等の一切を禁止します。

関連記事