医療経営支援

【医科】オンライン資格確認の導入状況

医療機関・薬局の窓口で、患者の直近資格情報等が確認できるオンライン資格確認の本格稼働を令和3年10月まで延期する報告がなされました。弊社では、顧問先に導入状況についてアンケートを実施致しました。今回は、その結果を基に導入状況を掲載致します。
【総回答数:22件 集計期間:5月中旬~6月中旬】

申請予定と回答した6件の事業所は、予定月が未定で導入の目途が立っていない様です。申請未定や予定無の理由としては、必要性を感じない、コロナ対応で申請する余裕がない、電子カルテを導入していないなど様々で、申請自体を見送られている事業所もあります。
導入にはシステムベンダの各種機器導入・設定やシステム改修が必須です。申請済事業所は既に工事が完了していますが、改修工事に時間を要していたとの回答も見受けられました。
また、8割の事業所がパナソニック製の顔認証付きカードリーダーを選択されています。
導入検討の際はシステムベンダとの連携、余裕を持ったスケジュールが必要です。コロナ対応の中ですが、窓口での受付業務短縮や保険資格過誤防止等の事務コスト削減の効果を含め導入を検討されてみてはいかがでしょうか。             
参考:厚生労働省 オンライン資格確認の導入について

関連記事