医療経営支援

【医科】IT導入補助金(C、D類型:低感染リスク型ビジネス枠)の活用

終息の見えないコロナ禍で感染拡大防止に向けて取り組む事業者を支援する、IT導入補助金の低感染リスク型ビジネス枠が従来のAB類型と別に創設されています。

 □補助事業内容

C-1類型 補助額:30万円~300万円未満 補助率:2/3 賃上要件:加点
C-2類型 補助額:300万円~450万円以下 補助率:2/3 賃上要件:必須
導入ツール要件:AB類型の要件に加え、複数のプロセス間で情報連携し複数プロセスの非対面化や業務の更なる効率化を可能とするITツール
補助対象経費:自動釣銭機/オンライン診療システム(D類型も対象)など
D類型 補助額:30万円~150万円以下 補助率:2/3 賃上要件:加点
導入ツール要件:AB類型の要件に加え、テレワーク環境の整備に資するクラウド環境に対応し、複数プロセスの非対面化を可能とするITツール
補助対象経費:電子カルテ対応レセコン/電子カルテシステム(C類型も対象)など
※賃上要件:①給与支給総額を年利平均1.5%以上増加
      ②事業場内最低賃金を地域別最低賃金+30円以上の水準にする

補助対象経費は、IT導入支援事業者がITツールとして登録しているものが対象です。
申請の際にはIT導入支援事業者との連携が必須となりますので検討される場合は早めに事業者への相談が必要です。
2次募集締切分が、7月30日となっております(3次募集締切分は9月中予定)。ITツール導入を検討されている場合は、補助金を活用されてみてはいかがでしょうか。
参考:IT導入補助金 https://www.it-hojo.jp/

関連記事