相続

相続が発生したら・・・

 相続が発生した場合、相続の開始があったことを知った日(原則として被相続人の死亡の日)の翌日から3ヶ月以内に、相続の放棄・限定承認を検討する必要があります。

 また、被相続人が個人事業主であった場合などは、所得税の準確定申告書の提出が必要である可能性があります。この場合は相続人が相続の開始があったことを知った日の翌日から4ヶ月以内に準確定申告書を提出し、所得税を納付しなければなりません。

 相続税の申告・納付の期限は、相続の開始があったことを知った日の翌日から10ヶ月以内です。そのため、この期間内に財産債務の把握、遺産分割協議や相続税の計算などを行う必要があります。

その他、一般的な相続開始後のスケジュールは以下のとおりです。

関連記事