医療経営支援

【介護】令和3年8月1日から変わります!(介護保険施設における食費の負担限度額など)

高齢化が進む中で、必要なサービスを必要な方に提供できるようにしつつ、負担の公平性の制度の持続可能性を高める観点から一定収入以上の収入のある方に対して、負担能力に応じた負担を求める見直しが、8月1日より行われます。この事務処理につきましては、厚生労働省より7月5日付けで通知がなされておりますので、事業者の皆さまにおかれましては、ご確認いただき周知徹底をお願い致します。 下表は、食費の改正内容です。
<介護保険施設入所者・ショートステイ利用者の食費(日額)の負担限度額の改正>
なお、居住費の負担限度額は、変更ありません。

※食事の提供に要する平均的な費用の額(基準費用額)は、1,392円➡1,445円(日額)に変わります。
(注)生活保護受給者や老齢福祉年金受給者等(第1段階)の負担限度額は、食費・居住費ともに変更ありません。
(参照;厚生労働省WEB 介護・高齢者福祉 重要なお知らせより)

関連記事