医療経営支援

【医科】医師の働き方改革に必要なものとは

医師の長時間労働が問題視されている昨今、現状を改善するために必要とされるのは、出産や育児により一時現場を離れた女性医師の復職です。 女性医師は、出産後に育児を行いながらの復職は非常に難しい状況にあるため、医師不足ひいては医師の長時間労働の一因となっています。
このような問題を改善するには、女性が育児を行いながらでも復職できるような環境を整えることが求められます。
「日本医師会の女性医師バンク」における求人要件を見てみると、下記のような環境整備に取り組んでいる医療機関が増加しているようです。
 土日祝日休み・週1日勤務から可・託児所あり・当直なし・時短勤務可 など

HPに掲載されている事例としては、医師不足で休診中だった産婦人科外来の再開や、ブランクのある女性医師に対する研修を充実させ復職を後押しすることなどが挙げられています。
勤務条件を整えるだけでなく、柔軟な働き方を選択する女性医師に対する理解を職場全体が示すことで、医師の働き方改革が進むでしょう。

参照:日本医師会 女性医師バンク(https://www.jmawdbk.med.or.jp/)

関連記事