医療経営支援

【医科】タスク・シフティングとは

医師は昼夜問わず患者への対応を求められる事につき長時間労働の実態にありますが、
今後の医療体制の維持のためにも、労務時間の短縮が求められています。
その際に重要なものの一つとして、タスク・シフティングが挙げられます。
タスク・シフティングとは、医師でなくても行える業務を他職種に移管していくことです。

メリットデメリット
業務の効率化タスクシフトされる側の業務量の増加
患者の満足度の向上人件費の増加

デメリットの部分をカバーするために注目されているのが、AIの活用です。
その中でも、今、AI問診に注目が集まっています。
AI問診の導入で問診業務の時間の半減、それに伴う患者の待ち時間短縮、満足度の向上といったメリットを享受している医療機関があります。人を増やさずに対応が可能になるため、人件費の増加を抑えることにもつながります。
皆様の医院では、現状のままでタスク・シフティングは可能でしょうか。

関連記事