M&A成約事例~業界縮小を見据えてシェア拡大・地域を支える存在に~

「With you コロナに負けない。」

ここ最近では、社会情勢への懸念や業界縮小、後ろ向きな言葉をよく耳にしますが、そのような社会情勢でもM&Aを通じて、雇用を守り地域経済を支える企業のM&A成約事例を紹介いたします。

業種:教育サービス業
地域:熊本県内
譲渡対価:約65,000千円
譲渡方法:事業譲渡

◆社長のM&Aに対する気持ち
地域の人々とともに先代が築いてきた事業。そこで出会った仲間たちとともに汗をかき、知恵を絞った日々は、組織の風土となり、その仲間たちとこれからも地域社会に貢献していきたい。市場が縮小しているなかで、仲間を増やし組織の合理化を進めていく手段として、M&Aは最良の選択肢だと思い、M&Aをすることを決意しました。

◆担当者の気持ち
少子化の影響等で業界の市場規模は、年々減少傾向にありました。その現状を打開するためには、M&Aを活用することが一つの手段となりえることを社長に伝えました。
「同じ物でも考え方一つ。やるやつはやるように考えるし、へこたれるやつはへこたれる方へ考えてしまう。」
そんな言葉が一瞬頭をよぎり、何もしないことが一番のリスクという認識からサポートを決意しました。M&Aという社長の新たなる挑戦に担当者として携わることができたことにやりがいを感じています。

事業承継チームでは、上記のような日本の将来・地域の将来を担う企業がM&Aを活用される際のサポートをさせていただいております。事業承継・M&Aに関するご相談は、事業承継チームへお気軽にお問い合わせください。

PAGE TOP