税務

備えよう!インボイス制度③

開始するとどう変わる?

令和5年10月1日から消費税のインボイス制度が開始すると、仕入税額控除を行うためには以下の項目が記載された適格請求書が必要になります(*1) 。
赤文字が現在発行されている請求書や領収証に新たに追加される項目です。
不特定多数の者に対して販売を行う小売業、飲食業、タクシー業などは、適格簡易請求書の交付が認められています。

国税庁『適格請求書等保存方式の概要―インボイス制度の理解のために-』より

課税事業者は、受け取った請求書やレシートが適格請求書(又は適格簡易請求書)かどうかの確認を行います。
原則、仕入税額控除の対象になるのは適格請求書のみです(経過措置あり)
仕入税額控除の適用要件として、帳簿のほか、適格請求書等の保存が必要です。

次回は経過措置について説明します。

関連記事