医療経営支援

【医科】経営としての医療

安定した医療を提供するには安定した経営が必要不可欠になりますが、経営において安定している医療機関はどれだけあるのでしょうか。
独立行政法人福祉医療機構が出している「経営分析参考指標2019年度(令和元年度)決算分」のデータでは、医療法人における黒字施設の割合が77.6%、病院(一般病棟)における黒字施設の割合が58.7%を占めています(下図)。

独立行政法人福祉医療機構(https://www.wam.go.jp/hp/

このデータから、一定数の赤字医療機関があることが読み取れます。これらの赤字医療機関が安定した経営を行うには、質の高い医療の提供、人材管理など様々なことが必要ですが、経営としての医療に注目することも求められます。

次回は、医療経営を支え、安定させるのに役立てることができる資格をご紹介いたします。

関連記事