税務

備えよう!インボイス制度②

導入のタイムスケジュール

令和5年10月1日から開始するインボイス制度にあわせて、インボイスを発行可能な登録事業者となるためには、原則として令和5年3月31日までに所轄税務署長に登録申請書を提出する必要があります(※1)。
審査に一定の時間を要するため、早めの提出が推奨されています。

*1:令和5年3月31日までに提出することが困難な事情がある場合には、
令和5年9月31日までに登録申請書を提出(困難な事情について、その程度を問わない)

審査後、適格請求書発行事業者として登録されると、その事業者の登録番号などが通知・公表されます。
公表情報は、インターネットを通じて確認可能です。

*2:事業者から公表の申出があった場合に公表されます

対応の検討

≪ すでに消費税課税事業者の場合 ≫
導入を見越して、早めの登録申請やインボイスを発行するための請求書システム等の見直しを行うなど、準備期間を設けてはいかがでしょうか。受領するインボイスのチェック方法や経理処理の流れの確認などを少しずつ進めましょう。

≪ 免税事業者である/もしくは変動する場合 ≫
インボイスを発行するためには消費税の課税事業者となって申告・納税を行う義務が生じるので、事業内容等を鑑みて選択することになります(経過措置あり)。

次回はインボイス制度が開始すると何がどのように変わるのかを説明します。

関連記事