M&Aシニアエキスパート養成スクール受講

7月末 当社からこの度5名、M&Aシニアエキスパート養成スクールを受講してきました。
3日間の研修を受講後、試験に合格するとM&Aシニアエキスパートの資格を得ることが出来ます。
今回の研修では、中小企業の適切・円滑な事業承継・ビジネスマッチングを支援する人材、とりわけ事業承継対策の重要な選択肢の一つであるM&Aに精通した人材の養成をするためのものです。

M&Aと聞くと、大企業のというイメージが強い方もいらっしゃると思いますが、日本のM&Aはその多くが中小企業間で行われることが多く、買う側・売る側双方にとって良いカタチになるように進められる友好的M&Aが多いと言われています。
また、日本のM&Aは中小企業が直面している後継者不足の解決策として用いられることも多くなっています。後継者が不在の為、やむを得ずに事業を廃業・会社を精算してしまうといったことがないように選択肢の一つとして考えられてみてはいかがでしょうか。
今後こうしたM&Aの案件にもお応えできるよう、8月末には当社にもM&Aシニアエキスパートの有資格者が(5名)誕生する予定です!

 

*M&Aエキスパート認定制度は、M&Aに精通した人材の育成を図ることにより、中小企業の事業承継対策の解決に資することを目的として、2012年度から実施している金融財政事情研究会と日本M&Aセンターが運営する資格認定制度です。基本的な知識を身につけることのできるM&Aエキスパートとその上級認定資格のM&Aシニアエキスパートがあります。

PAGE TOP