2018年度 診療報酬・介護報酬同時改定

来年に迫った報酬改定の本格的な議論が進み、予想等も出始めた報酬同時改定の動向が医療・介護の事業者にとって気になるところではないでしょうか。

2018年は6年に1度の診療報酬と介護報酬の同時改定の時期となります。

2025年を見据え、医療と介護に関わる関連制度の一体改革をするチャンスは直前の2024年を除くと来年が最後の同時改定です。地域包括ケアシステムの構築に向けても重要な改定になるのではないでしょうか。

これまでの動きとしては報酬改定に向けて10月までに第1、第2ラウンドの議論が行われています。11月からは第3ラウンドの議論が開始され、今後の予定は来年2月に平成30年度診療報酬改定の諮問・答申・附帯意見の取りまとめが行われ、来年4月に診療報酬・介護報酬の改定という流れで行われます。 *下図参照

 

PAGE TOP