2018年医療・介護ダブル改定最新情報

2017年12月18日、2018年度予算編成の焦点の一つだった診療報酬と介護報酬の改定率について合意し、厚生労働省は同日、2018年度の改定率を公表した。
診療報酬本体と薬価改定等をあわせた、いわゆる実質で見ると▲1.19%で、3回連続のマイナスになっている。

全体改定率:▲1.19%
1.診療報酬改定(本体):+0.55%
医科:+0.63%
歯科:+0.69%
調剤:+0.19%

2.薬価改定率:▲1.74%
薬価:▲1.65%
材料価格:▲0.09%
※薬価改定率の内訳は、実勢価格を踏まえた改定が▲1.36%、薬価制度の抜本改革が
▲0.29%という状況。

 

 

 

 

 

 

政府は財政健全化を図るため、16~18年度予算で社会保障費の自然増を年5,000億円程度に圧縮する抑制策を進めている。医療機関の経営状況や医療従事者の賃金動向などを考慮して診療報酬本体を引き上げる一方で、薬価今回は・材料価格は引き下げることを説明。新薬創出・適応外薬解消等促進加算の抜本的な見直しや、長期収載品の薬価引き下げを実施し、大型門前薬局の調剤報酬の適正化措置も講じることに意欲をみせた。

【出典;厚生労働省『平成30年度診療報酬改定に係る経緯』/平成30年度診療報酬改定について】
記事;医療経営支援チーム 近藤 経久

PAGE TOP