平成30年度 診療報酬・介護報酬改定率決定

 平成30年度は診療報酬と介護報酬の同時改定が予定されています。12月18日に行われた予算大臣折衝を踏まえ、両者の改定率が決定されました。
診療報酬改定については、診療報酬本体が0.55%(医科+0.63%、歯科+0.69%、調剤+0.19%)のプラスとなる一方で、薬価等が1.65%のマイナス(実勢薬価改定-1.36%、薬価制度の抜本改革-0.29%)、材料価格が0.09%のマイナスとなりました。介護報酬改定率は0.54%のプラス、障害福祉サービスは0.47%のプラスとなりました。

 改定の基本的視点としては
①地域包括ケアシステムの構築と医療機能の分化・強化、連携の推進
②新しいニーズにも対応でき、安心・安全で納得できる質の高い医療の実現・充実
③医療従事者の負担軽減、働き方改革の推進
④効率化・適正化を通じた制度の安定性・持続可能性の向上
の4つとなります。この4つの視点を基に今後具体的な診療報酬点数の設定が行われていくと思われます。

PAGE TOP