平成30年に創設される「介護医療院」とはどんな施設でしょうか。

平成30年4月の医療法・介護保険法の同時改正で介護医療院が創設されることになりました。これは「地域包括ケアシステムの強化のための介護保険法等の一部を改正する法律案」によるもので、今後、増加が見込まれる慢性期の医療・介護ニーズへの対応のため「日常的な医学管理が必要な重介護者の受入れ」や「看取り・ターミナル」等の機能、「生活施設」としての機能を兼ね備えた新しい介護保険施設です。これは実質、「介護療養型医療施設」の新しい受け皿であり、平成29年度末で設置期限を迎えることになっていた介護療養病床の経過措置期間が更に6年間延長されることとなったのです。新たな介護保険施設の概要は下記の通りです。

【名  称】介護医療院 ※病院または診療所からの新施設に転換した場合には、転換前の病院または診療所の名称を引き続き
使用できる。
【機  能】要介護者に対し、「長期療養のための医療」と「日常生活上の世話(介護)」を一体に提供する。(介護保険法上
の介護保険施設だが、医療法上は医療提供施設として法的に位置づける)
【開設主体】地方公共団体、医療法人、社会福祉法人などの非営利法人等。

これまで苦戦してきた介護療養病床の転換がこの「介護医療院」の創設によりどのように進んでいくのでしょうか。また、長期療養が必要な利用者が介護難民となることや療養型を持つ医療法人や社会福祉法人の経営がどのように変わって行くのでしょう。新しい施設基準のため既存施設との数字の比較が非常に難しく、目先を変えた問題の先送りに見えて仕方ありません。

PAGE TOP