地域包括ケアシステム

2018年度の診療報酬同時改定が大きな注目を集めています。団塊の世代が75歳以上となる2025年まで、同時改定は今回を含めあと2回しかないからです。2025年に向けて国が掲げている構想が『地域包括ケアシステム』です。

高齢者の中には可能な限り住み慣れた地域や自宅で日常生活を送ることを望む人が多くなっており、地域における『住まい』『医療』『介護』『予防』『生活支援』の5つのサービスを一体的に提供できるケア体制を構築しようというのが、地域包括ケアシステム誕生の背景であります。国は重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしく暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、それぞれの地域の中で、地域の状況に合わせて適切に医療や介護を提供していく仕組みの構築を目指しています。地域とは日常生活圏域のことであり、およそ30分以内に駆けつけられる状況を想定しています。

地域包括ケアシステムの実現には医療機関同士の横の連携が重要となり、地域全体で患者さんをサポートするための戦略を立て、実行に移していくこと求められます。

PAGE TOP