税務

備えよう!インボイス制度①

消費税の「インボイス制度」が、令和5年10月1日より開始します。
これから数回に分けて、インボイス制度について解説していきます。

序章:「インボイス」ってなに?

消費税で言う「インボイス(*1)とは、「適格請求書」のことを指します。
インボイスは、売手が買手に対して、正確な適用税率や消費税額等を伝えるものです。具体的には、現在の請求書や納品書、レシートなどに、「登録番号」、「適用税率」及び「消費税額等」の記載が追加されたものをいいます。電子インボイスもOKですが、一定の要件があります。

*1:国際発送に必要な発送元情報等が記載された「カスタムズ・インボイス」とは異なる。

インボイス制度適格請求書保存方式)とは、消費税の仕入税額控除方式のことです。
この制度下では、売手である登録事業者が上記のインボイスを交付し、買手は消費税の仕入税額控除を受けるためにインボイスの保存等が必要となります。
インボイスを発行できるのは、事前に適格請求書発行事業者として登録を済ませた者だけです。適格請求書発行事業者は必ず、消費税の課税事業者となります。

*2:経過措置あり。   *3:経過措置あり。

1章:消費税のしくみ

物を買ったり、サービスを受けたりする際、レシートに記載されている「消費税」。
消費税は、こういった商品の販売やサービスの提供などの取引(*4)に対して広く課税される税金です。

最終的に、消費者が消費税を負担しますが、国等に申告納税するのは事業者です。
税率は、標準税率10%と、軽減税率8%の複数税率となっています(*5)。
事業者は基本的に、売上等に係る「預かった消費税額」から、仕入れや支払等に係る「支払った消費税額」を差し引いた残りを、国等に納めます。(*6)

*4:すべての取引について課税されるのではない。
*5:基準期間の課税売上高が1,000万円以下の場合等には、免税事業者となる。
*6:簡易課税制度あり。

自らが「支払った消費税額」を差し引きする(=「仕入税額控除」の適用を受ける)ためには要件があります。
インボイス制度では、この要件が今までとは異なります。

次回はインボイスのタイムスケジュールなどを中心に説明します。

関連記事