医療topics

自由診療が多い場合の消費税の節税方法

消費税を納税されている先生も多いかと思われますが、一般課税計算の個別対応方式を採用することで税負担を軽減出来る場合が有ります
例えば、予防接種の割合が大きい小児科の報告では、簡易課税計算に比べ、A診療所では34%、B診療所では50%、C診療所では27%の軽減になっています。
医薬品材料仕入の中に課税売上に対応する課税仕入れが多数ある場合、一般課税計算への変更をご検討されてはいかがでしょうか?

注)ワクチン等の課税仕入の状況を特定する必要が有ります。また変更には手続きが必要です。
詳しくは顧問の税理士へご相談下さい。

※更新時の法令や情報等に基づいております。最新の情報についてはご自身でご確認ください。
※当情報を用いた個別具体的な判断に対して弊社は一切の責任を負いかねます。必ず税理士等の専門家にご相談ください。
※弊社が独自に作成した文章等の転載・改変・再配布等の一切を禁止します。

関連記事