新着ニュース

コラム

2019年3月30日
熊本県議会議員選挙と熊本市議員議員選挙が始まり、明日は熊本市以外の市町村も始まります。
私たちのみじかな事を代行して頂くとっても大切な選挙です。
県議は、熊本市二区は無投票ですが、熊本市一区は選挙です。皆さん 必ず投票に行きましょう!
多くの議論の中で、やはり最も大切な経済、特に内容豊かな経済を良くする事だと考えます。
まずは、自分の地域を私たち自身が豊かにすることが一番の責任です。
世界約200カ国中、熊本を一国と見ると、世界の85番前後、北朝鮮の国より遥かに大きなGDPで、立派な熊本国家とも言えるでしょう。
そのように考える中でも、日本中の各県が、自県の将来への不安が増してくる今日、わたしたち熊本国のGDPを緩やか成長させて行く事は至難の技とも言えます。
この事から、私たち県民としての先ず第1歩は、
県産品や県内企業の品物を中心に購入すること。
そして私たち企業家は、県外や国外からの製品やサービスの購入金額より、少しでも多く自社製品やサービスを販売する努力と新製品開発の努力を成して行き、熊本国の貿易収支をややプラスに、
そして人口も流出より流入を、出生推進により、最終的に人口横這いの豊かな熊本国になす義務と努力する事を感じます。
当社ファーム全体では、この全てのバランスをかなりプラスにできていますので、更に努力精進して行く覚悟を、
県議会議員選挙、市議選挙にあたり、私たちも新たな使命を抱き行動し続ける決意が高まっています

2019年3月26日
井上桂子さんが熊日賞受賞、残念にもその講演を逃しました。
新聞で講演の様子が報道されました。
日中戦争で戦死した祖父の日記や手紙を通じて、戦争の記憶をたどった熊日文学賞の受賞作品
【戦地巡歴 わが祖父の声を聴く】
繁忙期を終え直ちに読破しました。

講演内容で
「書くことは生きることであり、自分を知ること。今後も生きるための言葉を探したい」

この言葉は、まさに、生きる私たちへの金言

しっかりとこの言葉の行動を
一緒に為していきたいと思いました。
そして、絶対に戦争のない世界、
その第一歩は、
「触れ合う全ての人と仲良く、争わない!」
を、肝に命じました。

2019年3月20日
今朝の月
丸い
自宅前から見た時、とてつもなく大きく見え、国道に入ったら
やや大きな円、

人も事象も、見る角度から違う。
良い角度から見て
その人や事象を大きく豊かに見て行こう!
気づけば
自分も大きく豊かな人物に!

このように思った一瞬でした

2019年3月17日
音楽の力
我が国の歴史を考える会の
春のコンサートで
三枝万祐(さえぐさまゆ)さんの歌
深く感動しました!

「あゝ、モンテンルパの夜は更けて」という曲にまつわる話です。
日支事変の最中の昭和13年から渡辺はま子は従軍慰問に明け暮れました。
日本では「愛国の花」「支那の夜」「蘇州夜曲」などがヒットしていました。
貨車の上でも、戦闘機の前でも、はま子は美しい衣装を着て歌いました。
戦場の将兵たちには歌姫と言われ「これが私の戦争協力」と、はま子は歌い続けました。

終戦後に帰国。
日本では「あの戦争は間違っていた」と言う声が占めるようになり、
戦争犯罪人として捕らえられた人々の家族は「戦犯の子」「戦犯の妻」と後ろ指をさされていました。
「冗談じゃないわ。それじゃ国のために命を捧げて戦った人々が可哀想すぎるわよ」と、はま子は巣鴨拘置所や、傷病兵、戦犯家族などを慰問して廻っていました。
・・・・・・

終戦時にフィリピンでは14万人の日本人捕虜がいましたが、
昭和21年のフィリピン独立後も150人の戦争犯罪容疑者が
モンテンルパ刑務所に収容されていました。

昭和26年1月19日には14人が突然、処刑されました。
14人のうちの13人はセブ島でのゲリラ退治での村民虐殺事件で死刑宣告されていましたが、
その半数近くは現地にも行ったことがない者ばかりでした。
日本軍の雑役夫だったフィリピン人が対日協力の罪を問われることを逃れるために、
闇雲に「この人だ」と指をさして、無実の罪にしていました。

また、フィリピン政府は日本に対し80億ドルもの賠償を要求しており、
この額は当時の日本の国家予算の4分の1で、とても日本に支払える金額ではありませんでした。

残された戦犯たちも希望を失い、
「80億ドルの代わりになろうじゃないか。日本のために死ぬんだ」と叫ぶ者もいました。
・・・・・・

昭和24年10月にフィリピンに派遣されてきた僧正の加賀尾(かがお)秀忍は
6ヶ月の任期も過ぎ、無給のままモンテンルパに留まっていました。
加賀尾が日本を出発する時、戦犯家族達は加賀尾にすがって泣きました。
「この人たちを救わないで、どうして僧と言えようか」

当時「異国の丘」という歌が日本中でシベリア抑留者のことを思い出させていました。
「ここでモンテンルパの歌が出来たら、日本の人々に思いが通じるかも知れない」
教誨師として戦犯者たちと起居を共にして
何とか助け出そうと考えていた加賀尾はそう考えました。

加賀尾は死刑囚の元憲兵である代田銀太郎に作詞を頼み、
作曲はモンテンルパの中の教会でオルガンを独習して弾いていた元将校の伊藤正康に頼みました。
伊藤は行ったこともない土地で、住民虐殺ということで死刑判決を受けていました。

加賀尾は出来上がった歌をはま子に送りました。
はま子が早速、控え室でピアノを弾いてこの歌を歌っていると、
ディレクターの磯部氏が入ってきてこの歌を聞いていました。
「いいね、なんの歌。これ吹き込みしよう」と即決しました。

モンテンルパの無実の死刑囚達の作った歌は、はま子の歌としてレコード化されました。
昭和27年7月「あゝモンテンルパの夜は更けて」が発売され20万枚を超える大ヒットとなりました。

はま子はフィリピン郊外マニラのモンテンルパで
100名以上の元日本兵たちが戦犯として捕らえられて、悲惨な状況にあることを聞きました。
そしてモンテンルパに慰問に行きたいと申し出ますが、
当時フィリピンとの国交はまだ回復していませんでした。
行けないことはないが極めて危険な状態でした。

しかし、はま子は
「フィリピンで捕まったらそのモンテンルパに入れるじゃないの。思う壺じゃない。行きましょうよ」
それは決死の覚悟でした。
・・・・・・

昭和27年12月24日。
はま子は念願のフィリピン・マニラ郊外のモンテンルパを訪れました。
「歓迎 渡辺はま子様」の横断幕。

モンテンルパの日本人死刑囚の前に出たはま子の肉声テープがあります。
「皆さん、渡辺はま子です。
お国の為にお働きになった皆様が終戦となった今でも外地にてその罪を償う為、
今ここにいらっしゃるこの現実を目の当たりにして言葉もありません。
何かして差し上げたいと思う気持ちはあれど、ここに来るのが精一杯でした。
そして私には歌う事しかして差し上げられません。心を込めて歌います。」

「あゝモンテンルパの夜は更けて」を歌う時となりました。
ここの同胞である死刑囚たちが作詞作曲した歌です。

歌い始めると聴衆の中からすすり泣きが聞こえ始めた。
そして一緒に歌う声、声、声・・・、大合唱となりました。

昭和28年1月10日、このモンテンルパから日本に持ち帰ったテープを全国放送で流しました。
「あゝモンテンルパの夜は更けて」をはま子と合唱する日本人の同胞たちの声が全国へ流されました。
これにより全国の日本国民はモンテンルパで無実の刑の執行を待ち続ける
怯えた我が同胞の存在を知ることになりました。

このテープの最後には加賀尾は声を震わせて、このように語りました。
「祖国日本の皆様、家族の皆様、
どうか苦しい、辛い、辛抱をしてこられたことでありましょう。
しばらくの間、待っててください。そして祈ってください。
祖国の土を踏むまでは、決して力は落としません」

この放送により、日本全国で一刻も早く助命しようと嘆願運動が巻き起こりました。
・・・・・・

元軍人でオルゴール会社を経営していた吉田義人さんは、はま子の歌を聴いて感動し、
当時できたばかりのアルバム式オルゴールにこの曲を詰めました。
吉田から富士山の蒔絵のオルゴール2冊を送られたはま子は1冊を加賀尾に送りました。

昭和28年5月16日、加賀尾はちょうどその時、外務省との度重なる交渉の末、
フィリピンのキリノ大統領との初めての会見が許されました。

キリノ大統領は妻と3人の子供を日本軍に殺されており、
「どうせ加賀尾も涙でも流して戦犯を釈放してくれと泣き落としにかかるのだろう。
そんな涙には騙されない」と考えていました。

ところがキリノ大統領と会見した加賀尾は何も言いませんでした。
そして黙ってオルゴールを置いただけでした。
そのオルゴールを開いてみると中からは哀しいメロディーが流れてきました。

キリノ大統領は「悲しい曲ですね。何という曲ですか」と聞くと
加賀尾は「モンテンルパの戦犯者が作ったものです」と言いました。
そう聞くとキリノ大統領はそのメロディをじっと聞き入りました。

大統領は深く頷いて、聞き終わると、静かにオルゴールを閉じて言いました。
「7月4日の独立記念日には日本人を二人釈放してあげましょう。
二人というのは小池君と藤崎君です。
戦争中、私が捕虜になっていた時、こっそりと庇ってくれたのです。
この二人については早くから何とかしたかったのです」

6月27日、大統領府からの連絡で
「7月4日の独立記念日を機会に一部の者に恩赦、釈放の恩典を与えるので、
それに値すると認められるものを指名せよ」とありました。

そして一夜明けると、その決定がこうなりました。
「死刑囚、無期刑囚を全員釈放する。死刑囚は無期に減刑して日本の巣鴨に送還する」

キリノ大統領は周囲にこう語ったと言います。
「加賀尾は言葉の代わりに音楽を持ってきた。
その音楽が私の心の琴線に触れた。
日本は戦争に負けたとはいえ、かくのごとく巧妙で、堂々たる外交ぶり、
一同、よくこの日本人に学ばねばならないぞ」
・・・・・・

釈放前日、加賀尾と108名ははじめて仲間の墓に行きました。
そして処刑された仲間17名の遺骨を掘り起こし、
遺骨になった仲間に「皆と一緒に日本に帰ろう」と言った。

7月15日、帰国者108名が日の丸を掲げた白山丸(はくさんまる)で帰国します。
短い人で9年、長い人では15年ぶりの帰国です。

7月22日午前8時半、白山丸は横浜の大桟橋に着岸しました。
これを待ち受けたのは港を埋め尽くす2万8千人もの日本の国民たちでした。
これほど多くの人々が自分たちを出迎えてくれたことに帰国者たちは驚き、
そしてこんなに大勢の人たちが関心を持ってくれたことが
釈放の原動力になったにちがいないと思いました。
加賀尾は処刑された仲間の遺骨から先に船から降ろしました。

自分が食べていくだけで精一杯の時代、
そして、戦犯の家族が後ろ指を指されていた時代に、
出迎えた2万8千人の中には帰国者とは縁もゆかりもない人々もたくさんいました。
しかし、モンテンルパの同胞を出迎えるためにこれほどの国民が集まってきたのでした。
・・・・・・

渡辺はま子はその後も歌い続けました。
しかし平成元年に引退。
引退後は認知症が進行し、脳梗塞に倒れたこともあり、
家族以外の者との会話がほぼ困難になり、晩年は寝たきりの生活だったといいます。

亡くなる数日前からあまり意識も無かったのですが、
娘さんがモンテンルパに行った時の本人の肉声のテープを聞かせると、
娘さんの言葉に何度も頷き、目から一筋の涙を流し、
その瞬間に最後の笑顔を見せたと言います。
そして、1999年11月、89歳の生涯を閉じました。
モンテンルパは終戦後の混乱期に日本国民が忘れかけていた同胞への思いを目覚めさせてくれたのでした
(この情報は、コンサート時、三枝さんが話された内容を、
さらに海舟塾生境君がネット検索してくれました)

2019年3月16日
私たちの最もタイトな2/16〜3/15もひとまず無事終えました。
会計事務所としてスタートして39回目、以来毎年申告件数は増加し、
2000件を超えています。
昨年夏から、元所謂「マルサの男」をお迎えして、税理士法人の代表所長として陣頭指揮、新たなるスタートをきっています。

環境を主とする会社も年度末でタイト、若き社員は猛烈に頑張っています。
国内外にどこまでも成長するポテンシャルを持っています。
3月の後半、これからが第4コーナー、直線コースです。

季節の変わり目、完全オーダーメイドの会社、3月〜4月これまたタイトの時期です。著名のみなさんからこよなく愛されている製品の製造会社です。

そしてファームには、農業法人、福祉施設、食のお店、FP、NPO、財団法人、社団法人、体育館、ジョイントベンチャー、さらには、社会活動組織などなど、多くの仲間たちが頑張っています。

それにしても、若者は凄いものを持っています。
何事にも積極的であり、明るく、利他の精神がとても高く、豊かな人間性も持っています。

今回世界的なピアニストが熊本に!
その尽力をされた方に送ったメッセージです。

00先生
久々に観衆の内なる歓喜の姿を感じました。
私のような音楽ミドルの人間は、
ポピュラークラッシク
私の創造語→モーツアルト40番、チャイコフスキーピアノ協奏曲1番、メンデルスゾーンバイオリン協奏曲ホ短調、ボレロなどなど、一つの楽章の主題パーツのみをオムニバスにすることを好み、昔の ポールモーリアやレーモンドリフェーブルの:スタイルの
所謂クラッシック初心者、、、永遠に、、、
の人間にも、昨夜のレベルの:高さ 徴収を魅了する演奏には、、、
改めて000さん(これからは親しくこの名前で、ごめんなさい)の
宇宙なる深い存在を感じ入りました。
新たなスタイルの000さんにを祝したい
と思います!
さらに楽しみ夢膨らみます
私も、2月3月は、おかげさまで、
国内外の出張が続き、スーパータイト期
垣間見る閃光が
体を通貫したひとときに
000さんに感謝を申し上げます。
T.Kuriya

私たちは、何の仕事でも、目の前の人を如何に満足を与えることが出来る のか?
音楽家のあの難易度の高い演奏を聴きながら、
私たちの日常の真摯な歩みは
続いていくことでしょう!

この歩みこそ 美学の勲章を私たちに与えてくれることでしょう!

2019年3月11日
東北東日本大震災から8年
今なお思い出されます!
いち早く
ちかけんグループ
荒木さん野口さん
ネクステップの皆さん
多くの皆さん
私たち会社仲間も
幾度となく震災支援に訪問!

日本人の多くのあたたかい行動が。

いざの時 即動ける人は
ちかけんのように 日頃から
各地を巡って灯を届ける仕事のような人たちで、
商業的には不安定さを残しますが、
いざ鎌倉、その動きぶりには
感謝の言葉でいっぱいになります。
日頃からこのような存在の人たちは
みんなで、、、。

会社などの組織、
そして自宅には
一週間程度の水や保存食を
しっかりと準備を!

大震災から8年
まだまだの東北地方の復興を願い
私たちは、日々
努力精進し参りましょう

2019年3月1日
いよいよ春を目の前にした3月です。
巻頭言をお贈りします!
新年の巻頭言
「新年は、人間力の高い集団への行動!」を表題に5つの行動指針を表しました。
○思いやりのある行動 ○早め早めの動き○掃除と体操運動を組込む
○人と会う○考えて、考え込まない
今月は、その2
「早め早めの動き」
早寝早起きの習慣、ゴールをかなり手前で設定する、
無理無駄を徹底的に無くしその空いた時間を豊かな教養に

格言に〜先手必勝〜、早いが勝ち、などがあります。
成功者の殆どがの方々がこの行動を続けていらっしゃいます。
隔生即忘、人生一回、であれば、豊かに生きる一生を送りたいものです。
組織の皆さん全員が、この生き方を得る早め早めの習慣を身につけるしくみに!
※きゃくしょうそくもう【隔生即忘】
〘仏〙 人が前世から現世へ生まれ変わるときは、前世のことは皆忘れ去って記憶に留めないということ。
当社の月刊誌は見所満載です。
ご覧ください。
http://kinkei-net.com/

2019年2月20日
名言ヘレン・ケラー
「世界で最も素晴らしく、最も美しいものは、目で見たり手で触れたりすることはできません。それは、心で感じなければならないのです。」

共に 日々 心を高めることに努めましょう

2019年2月7日
私の青春時代のヒット曲〜高校三年生
今日は高校二年生
フレッシュタニサケ2月号の
会長のひとり言です。
来週末 来社されることが楽しみです
驚くような利益率をあげていらっしゃるタニサケ様には
みじかに教えて頂けます。
素直に実行です。
私たちの会社にも
改善委員会を設けています。
この会長のひとり言に示された
「継続と改善」
早め早めや清掃や挨拶やラジオ体操等良き行動の継続
そして、業務や仕事の進め方等の改善
継続行動と改善行動を
一緒に行って行きましょう!

2019年2月5日
寒修行 終わる
新年6日より今日2月4日までの1ヶ月間、お陰様で今年70回目の修行も、出張中以外は全て皆参詣できました。いつも5時本堂に入った時には、多くの方々が!
願いが叶いますように!
∵8/11生まれて0歳の時から、当時上通りの上林町から、両親におぶられて、
その後、超貧乏の家庭は、家を転々、下通りの街中、出水、大江、そして黒髪と、
病気がちの子供を健康にと思う両親の思いの行動、
今の私たちに、歩いてこのような行動は出来ないと思います、
せめてもの、今年も皆参詣できたことを喜び、
社会 会社 家族 それぞれ触れ合い全ての人、
さらには世界平和と幸せを祈ってこれからの11ヶ月間励みたいと思います!

参考
阿仏坊(あぶつぼう)は
佐渡に流罪の
日蓮聖人を切りに行ったところ
あまりの素晴らしさに帰依し
極寒の佐渡の今の時期に食事を届けたりして流罪の日蓮聖人の命を守りました。
人は、人の噂でその人を誹謗するのではなく、その人の良いところを見ることを学ぶ事ができます。

2019年2月5日
自己満足が出来るFB
(アップして見ると自分が楽しくなる)
→自己が元気になるFB
皆様のおかげで1月2日にアップして丁度一ヶ月
1958人の方々が再生されました。 見て、阿呆らしいと思った人もいるかもしれませんが、元気になりましたとの連絡を多く頂き、どうしたらそのように3枚も割れるんですか?と。そこで今回
その秘訣を公開致します^_^
その1 メンタル
割れるイメージを描く
その2 スキル
板のちょうど真ん中をめがけて力を集中して肘の少し手前の骨で打つ
^_^注意点 拳では、1枚迄はOK 2枚以上は肘の少し手前の骨で打つ
1、2回目割れなかったのは、板の中心から少しずれていて、肘の少し手前より離れているからです。精神と技術を高める訓練になります。
現在プレオープン中の心と体の道場では、心身を高める楽しい道場です。今日朝6:45 昼は11:30からです

2019年2月1日
NewParadigm
2月巻頭言
新年の巻頭言で、新年は、
「人間力の高い集団への行動!」を表題に5つの行動指針を表しました。
その中のその1を更に掘り下げてみますと、
『~思いやりのある行動~
指導と頭にくるとの違い
常に仲間の成長を思い続ける
ちょっとしたことでも一緒に喜ぶ』

人はみな自分の幸せ思っています。
そのことを確りと心に刻み、
相手の心の中にすっぽり入ると、
その人の思考と行動が見えてきます。
色々な心の動きを見ることが出来ます。

その事が見えると、その人にとって
より持続可能な幸せとは?が見えて来て、
心の奥からの声が聞こえてきます。

そうしますと、その人にとって、
今現在の最良の指導やケアが見え、
お伝えする事が出来るのです。

http://kinkei-net.com/ ↑多くに大切な情報がありますので、是非ご覧下さい。
仲間と私の小説もあります。

2019年1月31日
ハイテク企業の聖地シリコンバレーから八木博士をお迎えしています。
29日には昼夜70名の皆さんで歓迎、
今後熊本とシリコンバレーを繋いでいきたいと思います。
なぜならば
シリコンバレーには
■アップル本社 (Apple)
■インテル本社 (Intel)
■グーグル本社 (Google)
■ヤフー本社 (Yahoo!)
■フェイスブック本社 (Facebook)
■ツイッター本社 (Twitter)
など、まさに今の世界を動かす企業群です。
私たち熊本にも
このくまモンバレーの力があります。

20191月24日
姜尚中先生
日本を代表する政治学者
熊本出身で、今は熊本県立劇場の館長も就任頂くなど、思いの厚い方で、少しの触れ合いの中にも、お葉書を頂き、心あたたかく優しい方だなあと感じます。
近刊の書 「母の教え」からも多くを学ばせて頂きます。
是非、読書お薦めです!
https://www.amazon.co.jp/本-姜尚中/s?ie=UTF8&page=1&rh=n%3A465392%2Cp_27%3A姜尚中 20191月23日
〜冬は必ず春となる〜
私の好きな教歌です
今年70の私ですが、私のような人間でも、振り返れば多くの逆境がありました。
またこれからもあることでしょう!
でも、そのことにめげずに、ひたすら、身近な人の幸せ、一緒に働く人たち、触れ合う人たち、更に地域・国家・世界の幸せを祈りましょう!
その祈りが、気づいたら自らがぽかぽかとあったかい春のようななることでしょう!

2019年1月21日
寒修行折り返し
6日日曜より一ヶ月間の寒修行!
今日は折り返しの日です。
70回目の修行も、出張中以外は現在皆参詣出来ています。
5時本堂に入った時にも、既に50名ぐらいの皆さんが、、、。
皆さん、それぞれの願いがあられるんだろうなあ、、、と思いながら。
∵8/11生まれて0歳の時から、当時上通りの上林町から、両親におぶられて、
その後、超貧乏の家庭は、家を転々、下通りの街中、出水、大江、そして黒髪と、
病気がちの子供を健康にと思う両親の思いの行動、
果たして今の私に、歩いて今このような行動が出来るのだろうか?
せめてもの、皆参詣して、社会 会社 家族 それぞれ触れ合い全ての人、
さらには世界平和と幸せを祈って、残る寒修行に励みたいと思います!

2019年1月19日
口は災いのもと〜仏教学びのカレンダー
ある新年の会がありました。
ある人が、
ある人の噂話をされました。
宴席でしたので、その場では、早めに他の話に切り替えました。
翌日、その人に伝えました。
「ある時に、経営の神様とお話できた時、経営者の噂話はと質問しましたら、そんなことをどうこう言う人間は器が小さい、
君、そんな話題をするより、経営や人の為社会の為の議論を
大いにしたまえ、ワツハツハ!
ハ、ハア 」
「恐れ入りました、」
でした。
噂話は、自己が目で見た事ではありません。さらに、経営の神様が言われたように、そんな勿体ない時間を過ごすより
より価値の高い時間を一緒に使って行きましょう!
会食や友人との話題話は、仕事が成長すること、社会活動の素晴らしさ、学べる内容の話題などなど
そのようなおもいを込めて
土日祭日 基本的に
朝7:30〜8:30
発明発見朝食会を
龍田の森体育館ルームで行なっています。ご自由にご参加ください

2019年1月18日
行動美学
盟友から写真が送ってきました。
どこでお話しているか記憶ありませんが、荻野文子さんの本を
掲げながら荻野文子さんを紹介している写真、
プロの方の写真ということで、流石だなあ、と思いました。
荻野文子さんは、
プリマドンナ教師で著名な方で、阪神大震災の被害者のです。
震災後落ちついいた頃、仲良し仲間4人での会食、
2人の男性が、震災活動の人たち、特に芸能人の方々を
売名行為だと揶揄していた時に、
もう1人の心ある男性が、
そい言えば、荻野さんは震災被害者だったよね、活動の人たちをどう思った、
と。
荻野さんは、売名行動でも利益行動でも何でも良いわ!そこに来てくれたり、後に資金を送ってくれたりした方には、感謝の言いようがないくらい嬉しかったわ!
評論家より実践者の尊い価値観を学ぶ一言です

2019年1月16日
私の愛読書の一つ、機内誌
JALの新年号
若き(私よりも)技術系の爽やかな社長の挨拶文は、
新年の今月もまたあたたかく導くこころを感じます。
お届け致します

2019年1月15日
青年の主張・青春メッセージ
昨日は成人式、
青年は、これからの未来社会を確りと見つめ、育む大切な時、
是非、青年の考えや行動を発表する場を
再興して欲しいと考えます!
(以下は、wikipediaを参考にして記述しました)
青年の主張は、ラジオ番組として、1954年に勤労青年を中心とした社会教育番組として企画され、1989年1月15日の第35回大会で「昭和の終焉」とともに終わりました。その後も「青春メッセージ」として、2004年までトータルで全50回、ちょうど半世紀続いた弁論発表の場でした。1960年の第6回大会からテレビでも放送され、1962年の第8回大会から皇太子(今上天皇)夫妻の行啓が始まり、1986年の第33回大会で浩宮(現・皇太子)様にバトンタッチされて以後も、1996年放送分までその臨席は続きました。

2019年1月10日
今日は鏡開き
Wikipediaには、
鏡開き(かがみびらき)・鏡割り(かがみわり)とは、正月に神(年神)や仏に供えた鏡餅を下げて食べる、日本の年中行事である。神仏に感謝し、無病息災などを祈って、供えられた餅を頂き、汁粉・雑煮、かき餅(あられ)などで食される。
私たちの会社では、一足早く昨日、若者主導の厚生委員会によって、みんなに提供、
美味しく頂きました。
日本の伝統
みんなでしっかり育み
自分と共に全ての人たちが幸せに
なる社会を一緒に創って行きましょう!

2019年1月10日
〜CoCo壱番屋
CoCo壱番屋の宗次徳二創業者のカレンダー
幼少期孤児、若い時にメンデルスゾーンバイオリン協奏曲ホ短調を聞き感激し、一念発起、
CoCo壱カレー店舗数は平成30年4月末現在1453店舗、世界のカレー王に!
今日は
早起きの達人
掃除の達人
経営の達人
人生の達人を
お送りします!

2019年1月9日
年調は1年間の通知表
目下、年調の時!
働く人の1年間の通知表とも言える大切な年末調整。
私たちの大切な業務の一つで、スタッフみんな頑張っています。
現場でこの業務を行っている時は、この業務は大好きで、
訪問の事業体で働く人たちの1年間頑張った成果で、
少しでも前年より上がっていれば、その人の喜ぶ顔を浮かべていました。
働く人と事業体が成長していく社会で
ありますように!

‍♀️年末調整(ねんまつちょうせい)とは、サラリーマンなどの給与所得者に対して事業所等が支払った1年間(1月〜12月)の給料・賞与や賃金及び源泉徴収した所得税等について、原則として12月の最終支払日に再計算し所得税の過不足を精算する制度である(所得税法第190条〜193条)。 Wikipedia

2019年1月6日
寒修行始まる
6日日曜より一ヶ月間の寒修行が始まりました。
70回目の開始です。
∵8/11生まれて0歳の時から、当時上林町から、両親のおぶられて、
その後、超貧乏の家庭は、家を転々、下通の街中、出水、大江、そして黒髪と、
病気がちの子供を健康にと思うあたたかい両親の行動、
果たして私たちが歩いて今このような行動が出来るのだろうか?
せめてもの、皆参詣して、社会 会社 家族 のそれぞれ触れ合い全ての人、
さらには世界平和と幸せを祈って!

2019年1月1日
謹んで新年のお慶びを申し上げます!
平成の天皇陛下(第125代天皇)から5月1日に、新しい天皇陛下をお迎えすることになります。
昨夜も6の地震がありましたが、平成28年4月の熊本震災からやがて満3年を迎えようとしています。今年も更に皆様と一緒に復旧復興新生への歩みを続けていければと思います。
その大きな一つ「くまもと音楽復興支援100人委員会」による、300回を超えた炊出しコンサートと共に、第3回熊本地震復興祈念コンサート 【ヴェルディ/レクイエム】‪をこの‬年5月12日(日)‪に開催する運びとなりました。‬
「音楽の都くまもと」への地域開花の音が一歩一歩聞こえています。
業務では、医療福祉、相続・事業承継、FP、システム・クラウド研究等の各専門チームが更に力を高めています。環境分野の法人は、国内外の各地域を着実に豊かな社会へと事業を進め、その他のKINKEI FIRM各社、高質社会創造へと事業を進めています。その源の健康づくりを目的とした「心と体の道場」をグランドオープン致します。回廊シリーズ第6作目「MUGEN(夢現)」は、当社月刊誌ニューパラダイムに連載中で、長編です。
これからもどうぞ宜しく御指導の程お願い申し上げます。
新しい一年が 良き年であられますことを 心よりお祈り申し上げます。
平成31年 新年にあたり 栗谷利夫

関連記事

  1. 成功者は、朝から清掃
  2. 非営利型一般財団法人熊本学校・海舟塾の御案内
  3. 幸せは伝染する
  4. 海舟塾のご案内
  5. コラム
  6. 命の授業・多くを学べる講演会
  7. 障がい者チャレンジドコンサート
  8. 【心と体の道場】のご案内
PAGE TOP